ラバンディン系ラベンダー品種一覧

スポンサーリンク

《ラバンディン系ラベンダー品種一覧》

・ラベンダーの系統と品種の違いについて

皆さんは「ラベンダーの育て方」についてネットで検索したことはありますか?

検索すると「ラベンダーの品種別の育て方」というタイトルがよく出てきますが大抵は系統ごとの育て方しか載っていない事にお気づきでしょうか。

ではラベンダーの系統と品種の解説をしていきます。

私は昔吹奏楽部に入っていたので吹奏楽部を例に解説します。

まず、《ラベンダー》=《吹奏楽部》としましょう。

吹奏楽部の中には金管楽器、木管楽器、弦楽器、打楽器があります。これがラベンダーでいうところの系統です。

ラベンダーで言えば、アングスティフォリア系(イングリッシュ系)、ストエカス系、ラバンディン系、スパイク系、デンタータ系、その他の系統などになります。

さらにその先が品種になります。金管楽器で言えばトランペット、トロンボーン、ホルンなどなど。

ラベンダーで言えば《金管楽器》=《イングリッシュ系》だとすると品種はオカムラサキ、ふらのぶるー、ヒドコートといった感じになります。

なんとなく分かりましたでしょうか?

これが系統と品種の違いになります。

・ラバンディン系ラベンダーとは

アングスティフォリア系(イングリッシュ系)とスパイク系の交雑の品種。

アングスティフォリア系は耐寒性はあるものの耐暑性は弱め スパイク系も耐寒性はあるものの耐暑性は弱め 。

がしかしこの二つを掛け合わせたラバンディン系は耐寒性、耐暑性どちらもあるまさに初心者向けのラベンダーになったのです。

スポンサーリンク

・ラバンディン系品種一覧

・グロッソ
・ボゴング
・スコティッシュコテージ
・アラビアンナイト
・スーパー
・インプレスパープル
・デイリーデイリー
・グロスブルー
・プロヴァンス
・グレイヘッジ
・エーデルワイス
・ミスドニングトン

新たな品種が分かり次第随時追記していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました