ビリディスラベンダー 2019年4月

ビリディスラベンダー 2019年4月

その他の系統のラベンダー

《ビリディス》

ストエカス系に似ているが別種の系統。

南西スペイン、南部ポルトガルやマデーラ島が原産地の珍しいラベンダーで
別名《グリーンラベンダー》、また花色から《イエローフラワーラベンダー》とも呼ばれている。

花冠は白色で花が終わるとクリーム色になります。
草丈は大きいもので100cmを超えるほど育ちます。レモンに似た香りがあり、葉も茎も緑色の短毛でびっしりと覆われています。

葉焼けを起こしやすいので強い日差しを避けましょう。

庭園に植えると必ず人目をひくほど香りが強いと説明が書いてありました。

開花時期:3月下旬〜6月下旬

 

 

f:id:kotatuman205:20190425123031j:image

購入して約一カ月。

まだまだ株が小さいですが開花真っ最中です。

花穂が淡い黄色の花が咲いてかわいいですね。

 

そうそうみなさんはご存知かもしれませんが

私は花穂という字が読めませんでした。

ここ数ヶ月「はなほ、はなほ」と呼んでいました。

恥ずかし〜。

まだ知らない方の為に(ほぼいないと思いますが)読み方は「かすい」です。

穂のような形で咲く花の事をいうみたいです。

勉強になりました。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)