ストエカス系ラベンダー(フレンチ系)育て方

スポンサーリンク

《ストエカス系(フレンチ系)ラベンダーの育て方》

・ストエカス系(フレンチラベンダー)とは

ストエカス系ラベンダーは別名フレンチラベンダーと呼ばれています。

ウサギの耳のような形の花を咲かせるのが特徴です。全体的に育てやすく夏越しも比較的しやすいとされていて初心者でも育てやすいラベンダーです。

・気になる育て方は

研究所で育てているストエカス系ラベンダーから総合的、月ごとにどう育てたらいいかをまとめていきます。

3月の育て方

上旬はまだ日中10℃前後と寒さが厳しいので成長はあまり見られない。

下旬にかけて気温も上昇してきて蕾がちらほらでき始める。

例:アボンビュー

f:id:kotatuman205:20190517233609j:image

また下旬くらいからホームセンターや花屋にラベンダーの苗が売り始めるので新しい苗が欲しい方はチェックしましょう。

暖かくなる前に早く購入して早く植えた分だけ成長が見込めます。苗を選ぶポイントはなるべくまっすぐ伸びてしっかりした苗を選びましょう。

てるポイント:3月は特に無く、土がカラカラに乾いたら水をあげる、地植えして2年目くらいならほとんど水をあげなくてもいいと思います。

4月の育て方

上旬はまだ3月の寒さを少し引き継いでいるが日中の気温が上昇し始めるため新芽が伸び始める。

蕾の数もだんだん増えてくる。

下旬は4分の1程度花を咲かせて鮮やかになってくる。

例:アボンビュー

f:id:kotatuman205:20190517233649j:image

育てるポイント:花が咲いていてもったいないがしばらく楽しんで少し花穂が枯れてきたら(花後)花のすぐ下のわき芽のすぐ上でカットしていく。どんどん新しい蕾に栄養を送る感じでカットしていきましょう。またストエカス系のラベンダーは枝が混んできたら随時枝すかしをしていいそうです。

※ラベンダーは高温多湿に弱いので枝が混んできたら風通しを良くする為に枝すかしが必要になります。(要は中の方まで風が当たるようにしてムレを防止することが重要なのです。)

水は土が乾いたら水をあげる。地植えして2年目くらいならほとんど水をあげなくてもいいと思います。

ちなみに4月の水やり回数は3回でした。

基本的に朝水やりするのがいいと思います

スポンサーリンク

5月の育て方

気温は最高で26度くらいまで上昇してくる為成長が早くなってくる時期です。

花もフレンチ系は満開になって2年目以降の株は咲き乱れている時期ですね。

例:アボンビュー

f:id:kotatuman205:20190517233835j:image

育てるポイント:《花後》になったら株の疲労を防ぐために花のすぐ下の脇芽の上でカットしていくことです。我が研究所では花が咲いて花のポツポツの部分が茶色になってきてポロポロ落ち始めたら花後とよんでいます。

普通に花後という言葉を調べると《花が終わって間もない時期》と出てきます。

私みたいに応用の効かない人間にはそれをラベンダーの花後に置き換えるのが困難です。

こういう方は他にもいるのではないかと思い我が研究所なりの基準を決めさせていただきましたので参考にしていただければと思います。

下旬は6月の梅雨に向けての対策が必要になってきます。多湿に十分注意が必要です。

枝が混んでモリッとしていたら積極的に枝すかしを行うといいでしょう。

また、雨による泥はねで葉が弱らないように注意してください。

《まだ検証中ですが根元に石を敷き詰めて泥はね対策をしてみました。これはまだ検証中なので真似はしない方がいいかも。》

結果は梅雨後に追記するとしよう。

水やりは土が乾いたらあげるようにしましょう。地植えして2年目以降はほとんどあげなくていいでしょう。

また下旬の日中は気温が30℃を超えてきますので研究所では葉に水がかからないように株元にたっぷりあげています。

基本は朝あげましょう。

6月の育て方

ほとんどのストエカス系のラベンダーは咲き終わっている頃かと思います。

そして本格的な梅雨に!

ラベンダーにとって一年のうちで一番危険な季節です。

株上げして鉢に植え替えてあげれば問題なくこの時期を乗り越えられますが私は鉢全体がアリの巣になるのが嫌ですし、鉢にするといちいち水やりをしないといけません。面倒くさがりな私には向いていないのでwwこのまま地植えでいくことに。

さて、初旬はまだ梅雨にはなっていませんので今のうちに梅雨対策を。

例:アボンビュー

↑ラベンダー研究所では2年目のフレンチラベンダーは花が終わったら上の写真の様にバッサリと剪定することをオススメしています。

育てるポイント:日本の梅雨を越すには株の体力と風通しが必要だと私は思っています。このぐらい思いっきり剪定してあげましょう。そうすれば花を咲かせ疲れきっていたラベンダーに体力が戻ります。と同時に風通しが良くなります。

中旬からは本格的に梅雨に入るのであとは梅雨が明けるまで祈るのみ。

あと出来る事といえば株元から細い枝が出てきたら枝元からカットすることです。

7月の育て方

本格的な梅雨、そして夏の到来!

ラベンダーにとって一番危険な時期でもあります。

例:アボンビュー

花後の剪定から1ヶ月経つと新芽が生えてきます。

育てるポイント:とにかく7月は何もしてはいけません、することがあるとするなら風通しを良くすること。特に下の方の細い枝は梅雨の雨による泥はねの影響でダメージを受けやすいので早めにカットしてあげましょう。水やりは梅雨があけるまではあげなくていいです。じっと我慢です。
特にカットするときなどは朝か夕方にしましょう。30°を超える日中にするとラベンダーも自分もあの世行きですww
[ad]
 
 

8月の育て方

まだまだ続く猛暑日。

8月もラベンダーにとって一番危険な時期になります。

例:アボンビュー

育てるポイント:7月同様基本的に何もしないようにしましょう。周りの雑草が生い茂っていたら抜いて風通しをよくするといいでしょう。また水やりは土がカラカラに乾いたらあげましょう。
 
 

9月の育て方

朝は涼しく、日中は暑い。

例:アボンビュー

育てるポイント:前半は30°を超える日もあり、後半は少し涼しくなってきてそろそろ植え替えなどをしたくなる時期になりますが、グッと我慢して植え替えなどは10月に行いましょう。では9月は何をするべきか、土づくりです。植え替えたい場所の土を耕したり弱アルカリ性を好みますので少し石灰をすきこんでラベンダー好みの土を作っておきましょう。
 
また下旬くらいになったら新しい苗を購入するなどして今のうちに育てておけば来年の春に花が楽しめると思います。ただこの時期にラベンダーは花屋にもホームセンターにもなかなか売っていないのでネットで購入するといいでしょう、少し値が高くなりますが来年花が楽しめると思えば安いもんです。
 
 
 

10月の育て方

只今研究中です、しばらくお待ちください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました