ラベンダー インプレスパープル 2019年8月

インプレスパープル

ラバンディン系ラベンダー

スポンサーリンク

《インプレスパープル》

・ラバンディン系ラベンダーとは

イングリッシュラベンダーとスパイクラベンダーとの自然交配や人工交配によって生まれた品種です。

ラバンディン系ラベンダーは他の系統に比べると成長がゆっくりで、3年目でやっと多くの花穂を付けます。

・《インプレスパープル》の概要

科名:シソ科

学名:Lavandula ×intermedia “Impress Purple”

常緑低木

花はラバンディン系の中で最も濃い紫色。 病虫害に強く、耐寒性もあり、耐暑性もあるので初心者にも育てやすい品種です。

草丈は50〜90センチ開花時期は7月〜8月

・ラバンディン系ラベンダーの育てるポイント

1年目は剪定は不要でとにかく株を大きく育てる

2年目で少し花穂がつくらしい。2年目以降は枝すかしや花後の花穂のカットくらいでいいみたいです。

ラベンダー全般的に剪定や枝すかしなどをすることにより株の疲労や老化を防ぎ活性化させることが大事になってきます。

・インプレスパープル8月の様子

8月中旬

↑上旬の様子を撮り忘れましたが変わらず良好です。

長い梅雨が明けましたがさすがラバンディン系、弱る事なく成長しています。

8月下旬

↑横にあるミントがかなりかぶってきてますが気にしないようにしましょう。

成長の具合は変わらずといったとこでしょうか。

ラバンディン系ラベンダーは春までは成長がゆっくりです。開花直前になると驚異的なスピードで成長します。

そこが魅力ですね。

・8月の育て方まとめ

梅雨が明けて本格的に暑さが増す時期に突入。

又ラベンダーにとって一番危険な高温多湿の時期でもありますので十分注意が必要になります。

しかしラバンディン系ラベンダーの場合は夏も冬も耐性があるので病気以外はあまり心配しなくていいと思います。

枝が一本枯れた、などの症状が出た場合はその一本の根本からカットしてあげるといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました